FC2ブログ

文系女子クラス 算数の時間

はじめての「勉強ってなんでするんだろう」という疑問

時間が空いたら何を書く気だったのかさっぱり・・・
ええと、すぱっと答えを書くのが難しいのでだらだら続きます。

中学受験をしたい気など全くないのに
急に行きたいと言い出して
中学受験用の冬期講習に
冬休み返上で通ってみることにした。

まぁ、それで授業の内容はほとんど何も分からないまま
冬期講習は終わり、母が言ったんです
「私立の中学行きたいの?」って。

母の意見は、当時公立の中学が激しく荒れていたので
やりたいなら私立中学受験してもいいんじゃない?
どこでもいいならどっかはいれるでしょ、という気楽なものだった。

私の曖昧な記憶によると、
その冬期講習が中学受験の最後の
追い込みだということは意識していなかった。
でも、塾に通っている子たちは
中学受験をしてどこか違ういい中学へ入るために
学校のあと塾へ行くんだということは理解していた。
とにかく、ちょっと行ってみたかった冬期講習=「私の」中学受験
とは考えてみたこともなかったので
母の言葉に少し驚いた。

それから、公立の中学校の荒れ具合は私たち小学生にも
轟渡っていたので、正直公立に行くのはコワイ気もしていた。
たぶん、それが最終的に中学入試をやってみようと思った
一番の理由だったと思う。

どんな学校があるかなんて全く興味がなかったため
母が通える距離の学校を探してくれたんだったと思う。
それで2校受けることになり、
結果1つ受かり、1つ落ちた。

受かったほうの1つは偏差値的にはかなりの底辺の
女子高だったが、母が「ここなら公立の方がマシ」
ということになって結局入学しなかった。
試験を受ける前にそれが分かればよかったのだが、
最終的に親子面接で母が面接官と話して
「これはイカン」ということになった。

ようするに中学から大学まで一貫して女だけで
道から外れないよう完璧な管理教育致しますという
教育方針だった。

母はもちろん私にその学校と公立をどっちがいいか
尋ねたが、はっきり言ってその時私には分からなかった。
この時のチョイス次第で私の人格はだいぶ違っていた
のは確かだ。

なにはともあれ、10年間も学費を払い続ける親が
金額に見合わないと言っているならそうなんだろうと。
そもそも、そんなお金は無いのは分かっていた(笑

「なぜ勉強するのか?」
この時点での私の答えは、勉強したら暴走族が
バイクで廊下を走り回ってるような学校へ通わなくて済む
ということだった。
12歳の私は初めてシンプルな答えを見つけた。


でも、答えはこんなにシンプルなものだけではなかった。
懲りずにまだ続きます。
スポンサーサイト



 | ホーム |  »»

カレンダー

« | 2019-04 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

CABALキャラ

Author hyゆぽ/LO☆DED
WIZ190・FS190・BL187・160 FB130

ゆぽちゃん

ETERNAL CHAOSキャラ

強くなさそ

Author:強くなさそ
種族:エイ
性別:♀
レベル:GLいかれるけど、ドミ行かれないくらい
武器:弱め
サーバー:オリオン
ペット:「ちらりずむ。」

カウンター


無料カウンター

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (867)
雑記 (22)
ブレーダー (3)
ドロップ (30)
PC (9)
戦争 (7)
装備 (0)
2011目標 (6)
お買い物 (2)
強化 (1)
攻略 (27)
お絵かき (6)
算数 (2)
イベント (6)
エターナルカオス (85)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索